BEST PHOTO COLLECTION~PUPPY

こんな諺を御存知でしょうか。

イギリスの諺という説もありますが、はっきりしたことは解っていません。

イングリッシュゴールデンとダックスのPUPPYの画像とともに御覧下さい。

2015年12月19日に生まれた子たちです。

向かって右側は、犬舎に残した女の子で、名前をASYAと言います。


子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼少期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、自らの死を持って子供に命の尊さを教えるでしょう。


上記の諺、確かに犬との理想的なかかわり方を教えています。
特に最後の文章は、胸を打つものがあります。
しかし、現実問題として、生まれたばかりの赤ちゃんの育児は、
遣り甲斐や喜びもありますが、大変な責任と忍耐を伴うものです。
そんな中、お世話の大変なパピーを一緒に育てて行けるものでしょうか。
赤ちゃんの育児がひと段落して、心に余裕が出てきてから、
子犬を迎えても、決して遅くはないと思うのです。

私の孫とBAU HAUS 25KENNELのもう一つの犬種の

ダックスとの2ショットです。

心の優しい子に成長してくれることを願っています。

動物取扱登録番号

鹿児島県H29川保第26号

鹿児島県H29川保第26号-2

鹿児島県H29川保第26号-3

 

TEL 0996-20-2345

yahooブログ

「BAUママの日記」

ダックス犬舎入口